酵素よりお肉を食べたほうが良い?

酵素よりお肉を食べたほうが良い?

酵素はたんぱく質の一種のため、口から取り入れてしまうとアミノ酸という最小単位に分解されて再吸収されます。それがまた酵素として働くかは一概にいえませんが、体内酵素を作るために役立つとは考えられます。でも同じたんぱく質のお肉を食べたほうが痩せるのではないかという疑問が出てくるかもしれません。確かにどちらもたんぱく質で口から取り入ればアミノ酸に分解されてしまいます。しかしお肉のような加熱料理された食品はそれ自体に酵素が含まれないため、食品をアミノ酸まで分解するために体内酵素を多く必要としてしまうのです。それなら万田酵素などの食品を摂るとよく、消化に多くの体内酵素を使わなくて済むためほかの代謝に関わる酵素を有効的に使えるようになるのです。現代人は加熱したものを多く食べているため体内酵素が不足し、痩せにくくなっているともいえるでしょう。
万田酵素を摂取したからといって、必ずしも体内で酵素として働くとは限らなくても、食品を分解するための酵素として働けば体内の酵素を節約できるわけです。酵素ダイエットで必ず痩せるためにはそれを摂取する時間帯にも気をつけることをおすすめします。また、食事の中でも生の食材を取り入れたり、味噌のような発酵食品を上手く活用すると加熱料理でも体内酵素を節約することに役立ちます。